雨漏りの発生を防ごう

雨漏り対策のためにも防水工事をしよう

住宅で雨漏りが発生するのを防ぎたい場合は、業者に依頼を行なって住宅に防水施工を施してもらう必要があります。

防水工事とは?

住宅模型と傘

住宅の屋根や外壁は雨や風の影響を防ぐ役割を持っていますが、長い年月が経過すると壁や屋根の耐久性は著しく低下してしまいます。きちんと防水施工を施しておけば経年劣化によって住宅が老朽化するのを防ぎ、長い間快適な日常生活をおくることが可能です。まずは業者の方に相談を行ない、それぞれの目的に適した防水施工を考えてみましょう。

一般住宅の防水工事

屋根
屋根の防水施工はとても大事な工事であり、きちんと施工を実施しておかないと雨漏りが発生してしまう可能性が高くなります。
外壁
外壁が老朽化してくると壁にひび割れなどが発生してしまい、割れ目から浸水が生じて住宅を痛めてしまうため危険です。
サッシまわり
住宅のサッシ部分は年月が経つとシーリングが劣化してしまうため、定期的にシーリングの補修などを行なう必要があります。

防水工事の種類について知ろう!

防水施工にはいくつもの工事パターンが存在しており、それぞれの住宅に合わせて自由に工事を選択することが可能です。

それぞれ特長がある

アスファルト防水工事
昔からよく利用されていたアスファルト防水工事は信頼性がとても高く、長期間防水効果を発揮できる施工としても人気を集めています。建物の外観がほとんど変化しないため、施工後も美しい住宅を維持することが可能です。
ウレタン塗膜防水工事
ポリウレタンなどの塗膜を使って防水施工を施すのがウレタン塗膜防水工事で、下地になじみやすく水密性が高いのが大きな特徴です。施工費用も安くてどのような屋根にも使用できるため、多くの住宅で利用されています。
塩化ビニルシート防水工事
塩化ビニル樹脂製の防水シートを使って防水工事を行なう塩化ビニルシート防水工事は、接着剤で貼りつけるだけなので施工時間が長くなることはありません。シート自体の防水効果も高く、耐久性や遮熱性にも優れています。
FRP防水工事
FRP防水工事は繊維強化プラスチックを使った施工法であり、耐久性が高くて軽量であるためいろいろな場所に使用することが可能です。防水効果も高くて建物にしっかりと定着するため、最近では多くの人から注目を集めています。
TOPボタン