カビやシロアリの発生

雨漏りで考えられる戸建て住宅にもたらす被害

壁や天井で雨漏りが発生すると室内の湿度が上昇し、住宅だけでなく住んでいる人にも悪影響を与えてしまいます。

危険性が高いトラブル

カビ
住宅の中に湿気が多く溜まるとカビが繁殖し、室内がカビ臭く感じてしまうようになります。そのままにしておくと喘息などの病を発症してしまう可能性があるので、室内の湿気が多いと感じた時はカビの繁殖に注意しましょう。
シロアリ
雨漏りが発生すると室内の天井や壁に水が溜まり、住宅で使用されている木材を腐らせたりしまいます。こうなると住宅内にシロアリが住み着いてしまう危険性が高まるため、住宅内に雨漏りが発生した場合はすぐに修理を行なうのがベストです。
漏電
オール電化を採用した住宅は雨漏りによる漏電が発生しやすく、雨漏りをそのままにしておくと漏電によって火災が発生してしまう可能性が高いです。そのため住宅では設備を定期的に点検し、漏電が発生しないように気を付ける必要があります。

知識と技術がないと雨漏り修理は難しい!

雨漏り修理を実施する際は自分で修理を試みる方もいますが、最適な方法は業者の方に修理を依頼することです。

また雨漏りをしてしまう可能性がある

個人で雨漏りを修理することは住宅の修理費用を節約するのにとても有効ですが、素人が修理を行なうときちんと雨漏りを修理できない可能性が高いです。場合によっては作業ミスなどが原因で、症状が悪化してしまうこともあります。

知識・経験がなくてはならない

作業員

個人で修理を行なうと、雨漏りの発生している場所とは違ったところに修理を施してしまうことがあります。的確に浸水箇所を特定して修理を行ないたい場合は、豊富な知識ときちんとした実績を持つ業者に修理を任せましょう。

修理業者に工事してもらった方の声

業者に修理を依頼しておけば、スムーズにトラブルを解決することができます。まずは利用者の口コミを確認してみましょう。

ようやく快適な生活を送ることができました(50代/男性)

雨漏りが発生した当初は自分で雨漏り点検を実施してみたりしていましたが、きちんと浸水箇所が特定できないため結局業者の方に修理をお願いしました。雨漏りが長期間続いていましたが、施工後は一度も発生していません。

原因を特定してもらえた(50代/男性)

雨漏り修理を自分で実施していましたが、雨漏りの再発や状態悪化が頻発したため業者に修理を実施してもらいました。きちんとした調査で雨漏りの原因を特定することができたため、業者の対応には非常に満足しています。

TOPボタン